希望の土地を探すのも一苦労

会社でのポジションも確固たるものになり、収入も安定してきたのでそろそろ夢のマイホームをゲットしようと計画し始めました。
まだどんな家を建てようかということも決まっていないまっさらな状態ですが、久しぶりに子供のころに戻ったようなワクワク感を感じています。

土地の方は、通勤や通学の関係もあるので何となくエリアを決めているのですが、それでもどんな土地を買うかというのはなかなか決めることができません。
周囲の環境だったり土地自体の形だったり、これといったものが見つからないので、いまだ不動産会社を巡っている最中です。

一生その土地に住むということを考えての買い物ですから、自然と気合が入ります。
昔この土地には何があったのか、地盤的に強いのかどうかということまで念入りに調べて、家を建てるに相応しいものを探していきたいですね。

せっかくのマイホームですから、とことんまでこだわりぬいて妥協せずに家を建てたいと思います。
バリアフリーも取り入れた、便利で住みやすい家が理想です。

両親からの遺産である土地を売却した話

私は現在50代の男性です。
3年ほど前に、父が亡くなりました。

母は私が45才の時にすでに他界していましたので、両親が二人とも亡くなってしまいました。
私には兄弟が他に2人います。

その後、それぞれ父から遺産を相続することになりました。
父が亡くなってから知ったことなのですが、実は父は土地を持っていました。

といっても、立地条件が良いわけでもなく、何かに利用できそうな土地でもありません。
そこで、兄弟で話し合って、相続する土地を売却して、それで得たお金をみなで分け合うことになりました。

といっても、兄弟の誰も不動産知識があるわけではなかったので、私の知り合いに不動産鑑定士がいたので、その人にお願いして、評価額を教えてもらいました。
それから、その金額に基づいて実際に売却することにしました。ネットで土地の売却相場を調べました

2ヶ月ほど経ってから、売り地の近所に住んでいる人から購入の話を持ちかけられました。
不動産鑑定士による評価額がきちんと出されていたので、その金額で購入してもらいました。

広い土地の方が人気は強い

土地は広い方が人気になりやすいです。
最大の理由は大きなスペースが存在するので、求めている物を全て作ることができるからです。

大きな庭や駐車場を作ったり、家のスペース自体を広く作りたいという方は多く、そのような方が満足するような土地の方が人気は高くなります。
広い土地はそれだけ値段も高くなりますが、後から狭すぎて何もできないというよりはマシだと思います。

将来的なことを考えて土地を購入することが必要であり、そうした土地の方が使い勝手はいいはずです。
何よりも広いスペースを確保できるということは、それだけ生活しやすい環境を整えることにも繋がります。

人気の土地はある程度の広さを確保しているだけでなく、どのような場所からも日当たりを確保することが出来るようになっています。
こうした土地はとにかく人気が高く、最近は多くの方が利用しているようです。

やはり自分で色々とできるスペースに加え、日当たりも良く生活しやすいのが好かれているのかなと思いますね。